ニーハイブーツ ズリ下がる対策!

ニーハイブーツは、ちょっとしたサイズの違いなどで、ずり下がる現象がでてきてしまいます。おそらく、足首付近にや、ふくろはぎ部分に、余裕がある場合などが、下がってきてしまう原因となってしまっています。レースアップのように毎回、ヒモで調節できるタイプのものは、しっかりとフィットして、下がることはありません。

しかし、レースアップって、履くのにとても時間がかかるし、面倒なので、普段使いしずらいアイテムですよね。ニーハイのレースアップって、膝付近まで、ヒモを結ばないけないから、遅刻の原因にもなりかねません!

手持ちのニーハイブーツを、確実に、ベストな位置で高さをキープさせた場合には、ストッキングストッパーを使用するのが、ベターでしょう。野球選手やサッカー選手が、活用しているものですが、どんなに歩いても、動いても、最初の位置をキープしてくれるので、使い勝手が非常に良いと評判です。

ストッキングストッパーは、とっても簡単に装着することができます。ニーハイブーツの履き口(ブーツの筒の先端部分)に、取り付けるのですが、その際に、先端部分を余裕を残しておきます。取り付けた後に、先端部分を折り返して履くことで、表面上は、ストッキングストッパーの使用がまったく分かりません。簡単なのに、とっても効果的に、ニーハイブーツのズリ下がる対策として使うことができちゃいます。是非、自分で試してみて、良かったら、お友達にもすすめてみてくださいね。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ