ニーハイブーツ 下がる原因

ニーハイブーツの下がる原因は、メーカーが採用している合皮素材にあります。履き始めてからすぐに下がってしまう素材の多くは、コスト削減のんために、薄い合皮素材を使用しているニーハイブーツに。本革であっても、もともと柔らかいスエード素材でも、デザインに工夫がされていないと、下がる直接的な原因になってしまっていることが多いんです。

驚くことに、価格が2万円を超える、本格的なデザイナーズブランドの本革ニーハイブーツであっても、履いているうちに、クシュクシュに下がってしまうこともあるんです。ポイントは、シワが付かずに、下がらないための工夫をしているか、していないかというところです。合皮であっても、適度な厚みがあって、一枚の皮でデザインされているニーハイブーツは、長い筒であっても自立して立っている状態をキープすることができ、歩いている時の振動がくわわっても、しわになることなく、しっかりと高い位置をキープすることができます。

mayla classicは、ユーザー視点で、この悩みを解決したブランドの一つ。徹底的に、自社で調査を続けて、コストを抑えながらも、上品で、下がらないニーハイブーツを開発しています。購入した当初の期待感やワクワク感を裏切らない作りや素材選びは「さすがだなぁ」という感じ。

モデルのようなスラッとした脚になりたいという具体的なイメージを描いてニーハイブーツを購入しても、イメージどおりに履きこなすことができずに、O脚や腿の太さなどが逆に目立ってしまったりするようなデザインのブーツがあるのも事実。

自分の脚では、履けないのかぁ・・・と諦めるのではなくて、ブランド選びをゼロから考え直すことが重要なのではと考えてます。口コミをベースに作られたアイテムって、やっぱり凄いと思いますよ。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ