ニーハイブーツ いつまで履ける?

ニーハイブーツ いつまで履けるかというのを考えた時に、一番気になるのは、春先のゴールデンウィークだと思います。季節の変わり目ということで、寒い日があったと思えば、ポカポカの陽気になったりしますよね。筆者の考えでは、ニーハイブーツの素材によって、いつまで履けることができるかという時期は変わってきます。

合皮素材のニーハイブーツでしたら、3月末までと考えた方が無難。ゴールデンウィークでの使用は、よっぽど寒い日でない限り避けた方が良いでしょう。なぜかというと、合皮は、汗などの水分を内部にため込んでしまう素材だからです。なので、暖かい季節になってくると、どうしても足から出てくる汗の量が多くなってしまい、それらが、合皮によって内部に閉じ込められてしまい、足が不愉快な状態になりやすいです。

我慢して履き続けていると、女の子でも、水虫になってしまうことがあるので、要注意です。ブーツ内部に菌も繁殖しやすい環境になってしまいますから、臭いなども気になりますよね。

本革素材のニーハイブーツは、高いのですが、春先を超えて、夏直前までの使用は、まったく問題ありません。本革は、人肌と同様に常に呼吸していて、外気をブーツ内部に取り入れてくれますので、常に快適。

気になるのは、やっぱりコーデでしょう。暖かくなる時期に、ニーハイブーツをはくわけですから、トップスは、できるだけ、春を感じさせるような、軽快な装いがベスト。上手にコーデすれば、爽やかな美脚美人になれちゃいます。安いブランドが流行っている昨今ですが、ブーツの場合、お金をかけるべきポイントは、「素材」だと思いますよ。


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ